スペイン料理

アンダルシア産食材を使った料理セミナーに参加しました。


講師の先生は
ミシュランガイドに掲載のレストラン「モナスル」の
オーナーシェフでマリア・ホセ・サン・ロマンさん

c0040472_19543745.jpg
セミナーの冒頭
料理に欠かせない
オリーブオイルについて熱く語ってくださいました。

日本人が味噌や醤油にこだわるように
オリーブオイルは繊細な調味料としての位置づけで
素材や料理とのマッチングを追求し
品質については妥協を許さず
大変なこだわりをお持ちでした。


さて、お料理です
教えていただいた4品の中から

特に印象深いのは
キュウリのガスパチョ

スペインと言えばという料理ですが
色が鮮やかなグリーンです!

トマトをミキサーにかけて
水分だけを濾し取ったトマトウオーターを入れて作ります。
身体が元気になるようなお味でおいしかったです。

c0040472_20291465.jpg



こちらは
アロス・ア・バンダ・デ・カルデロ(パエリア料理)

パエリア鍋を使わないで
圧力鍋で作ります。

よく見るパエリアとは違っていますが
食感も抜群、魚のだしが利いていて絶品でした。

c0040472_20440856.jpg


スペイン・アンダルシアの食材と料理
楽しませていただきました。



c0040472_19520882.jpg



by pancoco | 2018-10-24 21:14 | 料理・グルメ