2018年 05月 21日 ( 1 )

ピンツァとフォカッチャ

講師研究科

今日は講師さんとのレッスンでした。
メニューはピンツァフォカッチャです。
さらにトマトのジュレメレンゲ菓子




ドイツのパン、ピンツァ
オーストリア国境に近い地方で古くから伝わるパンだそうです。

配合は驚くほどリッチ!
牛乳捏ねで、卵黄を山ほど練り込んでいますから
生地は黄色に染まって旨味の強いパンです。
独特の焼き色と艶で表面はパリッと香ばしく
中はふわ〜とやわらか
c0040472_18510873.jpg


このパン休息日や日曜にサンドイッチで食べる習慣があるそう。。
と言うことでサンドイッチにしてみました。

一つが大きいパンなので
カットしていただきます。
c0040472_18535884.jpg

1/4でも十分な大きさ
旨味タップリの黄色い生地
具材をタップリ挟んで贅沢なお味!

c0040472_18551875.jpg





フォカッチャはその歴史は古く
北イタリア・ジェノバ地方で
古代ローマ時代から作られていたそうです。

今ではすっかりおなじみのパンで
形や厚みも様々あって
色んなアレンジで作られていますね。

レッスンではトルテコモン形で作り
かなり厚みがあります。

c0040472_19073159.jpg


オリーブオイルにガーリックとローズマリーを入れてトッピング
焼き始めると
美味しい香りが漂います。
c0040472_19074985.jpg



トマトのジュレ

お手軽に作れてさっぱりおいしいデザートです。
あまり甘くないので
お料理の一品としてもいいくらいです。

c0040472_19154517.jpg






ピンツァで卵白が大量に残ってしまうので
卵白を使うメレンゲ菓子も作りました。


このお菓子、焼き時間が超ロング!
オーブンが1台このお菓子の専用になってしまいます。
今日は3時間ほど焼き続けてようやく完成しました。


レッスンの終了間際まで焼いていたので
そのまま焼きっぱなしでお持ち帰りとなりました。

保存やプレゼントには
透明なケースに入れてると可愛いですよ。
c0040472_19211016.jpg



by pancoco | 2018-05-21 19:28 | 教室